ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
レゲエ
今日の担当者 pipi  

こんばんは。pipiです。


梅雨明けはまだみたいですが、テーマは既に夏モード。
というわけで、今回のテーマは、「夏といえばこの曲」 です。


夏は野外ライブだぜぃ!って方もおられるかもしれませんが
私はムリムリむー!
冷房がキンキンに効いたライブハウスが好きです。
むしろ、寒くてもよし。(笑)


この曲って訳ではないのですが、夏で野外で音楽聞くなら「レゲエ」かなあ。

レゲエといえば定番はボブ・マーレィですが、私が紹介するのは・・・


☆KODAMA AND DUB STATION BAND

前にもブログで書いた事があるこだま和文さんのバンド。
レゲエのリズムに乗せて、彼のトランペットはどこまでも切なくて。
肌がジリジリ焼け付くような昼間より、夏の夕暮れが似合うかな。
NEWアルバム「MORE」は3年ぶりの新録。(7月5日発売)
あ、今日だ(笑)近日中に買います。
機会がありましたら、是非。

MORE

☆TOMATOS

Vo.松竹谷 氏の決して上手くはないけど、ほんわかしてくる歌声が
よいのです。
夏の朝方に聞きたい。
ずいぶん前に解散してしまいましたが・・・。
(風の噂で、松竹谷氏は札幌で店(飲み屋?)を営んでるらしいと・・・)


あと、最近はモンパチなどの沖縄サウンドが流行ってますよねー。
こだまさんの新しいアルバムにも参加している
「ネーネーズ」が私はお気に入りです。
さんさんと太陽が照りつける海辺で。



相変わらずまとまりがない文章で申し訳ない(汗)
ちょっと動揺する出来事があったりなんだりしまして、
短めですが、この辺で。


明日は切り込み隊長、逸さんです。
大きな期待と一緒にパス!!しますYO!(ワクワク)

唐突に(笑)
善徳氏のブログはココ。広めまSHOW!



2006.07.05 Wednesday 11:29 | 夏=この曲 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏でございます。
今日の担当者 猫間華彪  

どもこんばんは。
今週も火曜日と相成りましたー。担当は藍レンジャーにゃんころです。

『夏といえばこの曲』ということで。

++

夏といえば、バンギャになりたてのころ、
遠征した思い出が連結してよみがえります。
初めて隣県まで足を伸ばして、
初めてのライヴハウスで初めて見たもの。
そんなのがひとつひとつ直結しております。

その中でも思い出がひときわ強いものといったら、これかな、ということで。

『SEX MACHINEGUN』SEX MACHINAGUNS
今から3年前の8月。
私が初めて心血注いで追いかけまわしたバンドが解散しました。
初めて自分ひとりで東京に行き、初めて踏み入れた日本武道館。
2階席、遠かったけれど、それでも見えるものすべてを焼き付けて。
2日目の最後、本当の最後の最後に演奏されたのがこの曲。
号泣しまくってて何がなんだか覚えてませんけども。
あのときの日差し、一緒に歩いた友達、遠くに聞こえた蝉の声。
『空気』を忘れることは一生無いと思います。


+++

あとは簡単にあげておきます。


『家路』ムック
歌詞がまあ夏の歌詞だから…と思うけれど。
この曲とこの言葉を聴くと、決まって思い出される光景があります。
曲とは全く関係ないけれど、なんだか思ってしまうのです。
初期ムック。これは名曲だと思います。
『我、在ルベキ場所』の3ピースよりは、赤青盤の収録の頃のが秀逸です。


『真夏の夜のハイウェイスター』TRANSTIC NERVE
PVがカッコイイのです、とこっそりイチオシ。
夏、バンギャなり立ての頃、
手当たり次第に録画していた音楽番組で偶然見たPV。
だれも居ない部屋で一人、冷やしうどんをすすりながら見てたのを思い出す(笑)
夜とぎらついた照明と演奏してるメンバーとお客さん。
臨場感ありまくりで、見るたびにワクワクする。

『Evergreen』Raphael
濃く青い空と、くっきりと浮かぶ白い雲を見るたびに、
この曲のイントロでのびのびと歌うギターを思い出す。
まばゆい緑、そんな感じで。


+++

なんかまとまりなくなってきましたが、
このへんでpipiさんにバトンタッチするです。

善徳さん、彼は果たして夏の曲を作るのか。無理っぽい。
ちなみに私はデスノート、完結する前に情報を処理しきれなくなったので、
コミックスは9巻で止まっているよ…。
2006.07.04 Tuesday 22:01 | 夏=この曲 | comments(1) | trackbacks(0) |
夏なんて来なくていいのにぃぃぃ
今日の担当者 くろこ  

正直もうそろそろ限界のくろにゃですどうも。
夏だね。夏だよ?夏かな?夏らしい。
頭が回らなくなるイヤンな季節です。

さて今週のテーマは「夏といえばこの曲」

……………………胡桃様に取られた!!
ラクリマの南国を上げてやろうともくろんで半分くらい書いていたのにやられました。
いいけどさ!べつに!へーんだ!

というわけで2番手だったこの曲。

HY AM11:00

2004年の夏はこれの入ったアルバムばっかり聞いていました。
スタッフが持ってきたBGM用のMDに入っていたんですが、当時私自身HYに全く興味がなく、この曲を聴いても「誰?」とか聴いてたくらいでした。
今は店内は原則着うたフルを流してるわけですが、当時は着うたフル自体がなかったのでこのMDかWaiveとWyseが入ったMDばかり流してました。
このMDを持ってきていたスタッフも私自身も歌うことが好きだったので、
お客様が居ない店内では気づいたら歌いだしたりしてました。
打ち合わせたわけでもなく当然のように私はハモりを、彼女はメインを選んでいて、
しかも突然に歌いだすタイミングまで一緒で、
姉妹店の店長がたまたまヘルプに入った時にびっくりされたりしていました(笑)
鉄ぱいぷレーベルの沖縄旅行で観覧車に乗った時HYが流れていたんですが、
すごくマッチしていて、ああやっぱり沖縄サウンドなのかなーと思いました。

そしてもう一曲。

The Gospellers LOSER

夏の終わりゆく様とさよならをテーマにした曲です。
夏中ずっと聴いていたので歌詞を無視して夏まっさかりのイメージなんですが(笑)
ゴスペラーズにはめずらしく、悲しい感じの歌です。
一箇所、酒井さんメインに北山がハモってる部分があるんですが、そこが好きです。
ピンポイントすぎますが。
この曲が入っているアルバムFIVE KEYSは夏発売だったので、特に夏をイメージした曲が多いわけですね。
熱帯夜とかも好きです。



この2曲に限らずですが、一番聞いていた時期がどうしても焼きついてしまって、
その頃を思い出してよく切なくなったりしますね。
最近涙腺が弱くて、いろんな曲を聴いてはほろほろしてます。
いやー、泣いたあとってぶっさいくだわ頭痛いわである意味最悪なんですが気分が晴れていいですね。

というわけで今回はこんな感じで。
明日のにゃこは誰にするんだろう…今回は想像つきません。
私の選曲も意外だったでしょ?
2006.07.03 Monday 23:59 | 夏=この曲 | comments(1) | trackbacks(0) |
夏は苦手です…。
今日の担当者 胡桃  

こんばんは。ブルーレンジャー胡桃です。
ローテンションで始めます(爆)
前も書いてますが暑いと溶けちゃうんですよ(笑)
さて、今回のお題は

『夏といえばこの曲』

ですね。何故か杏サマに期待されてるのですが(笑)
その期待はもしかして、例のアレなんですかね?
もし、そうならご期待に沿えないかと…。
何故なら…

ヤツらには夏と言える曲が無いからー!!!!!!!

あえて挙げるなら、『DNA』という略称の曲でしょうね。
ただし、夏に出たからそのイメージっていう感が否めない(笑)

ラクリマ南国で、本題の私の夏といえばこの曲!というものですが、
『La'cryma Christi』の【南国】を出しましょう。


私が完全にラクリマにハマるきっかけにもなった、思い出深い曲です。
も、ホント好きなんですよ、コレ。
今はそうでもないけど、昔はライブ会場でのフリも凄かったし。
ラブですラブ!!
まぁ、まんまですけど。
これぞ夏!って感じですねー、私的に(笑)
でも、曲自体も凄い良いので是非1度夏には聴いてみて下さい!
後逸サマが書いてる『Plastic Tree』の【メランコリック】もですね。
アレは夏です夏!!

杉本善徳さんは…あの格好自体が夏って感じですけどね(爆)
だって…夏にあの格好見ると暑苦しくなりません?<こら
そんな感じで次のくろにゃにバトンタッチします。
よろしくーぅ!(笑)
2006.07.02 Sunday 23:00 | 夏=この曲 | comments(1) | trackbacks(0) |
暑いのは頑張れるが、蒸し暑いのは無理なの・・・。
今日の担当者   

どうもどうもこんばんは、杏@紫レンジャーです。
連夜の激戦が祟って、眠くて眠くて朦朧中です。(時事ネタ?)

という訳で、多分今回はすごくあっさりです、すみません。
先んじて謝っちゃうYO!

今週のテーマは【夏といえばこの曲】

うーんと暫し悩んで、かなり素で「夏ってTUBEとかサザンなんじゃないの?」
と思ってしまった凡人です汗

というか、とりあえず私が好きでよく聴くバンドの曲で「ああこれは夏!」
っていうのが無いのが敗因かもです。
それなら個人的な夏の思い出…と言っても、一昨年まで夏はとにかく全国
回っちゃうぞな生活だったので…その…。
実は例年夏ツアーの締めで野音でライブがあるバンドに通っていたのですが、
気持ち的には「これで夏が終わるな」っていつもそこで思ってました。
まあ、時に10月だったりしたんですけど(笑)。


ある意味夏に直結する記憶としては、GLAYの幕張20万人コンサート。
どうしてだか参加していたこの日。(いや、GLAYは好きです)
本人ビューからは見えませんが、後でニュース画像で見た20万人分の
手が波打つ光景のパワーはすさまじかったです。
その時に聴いた「誘惑」が、すごくあの夏の日の記憶なんです。
あと「Summer FM」も印象なぜか深く覚えてる…。

基本的には箱ライブな人生なので、できれば夏のライブでは阿呆みたいに激しい
セットリストで攻めて欲しいとこっそり思ってます。
汗だくを通りこした汗だく!みたいな感じ。
「銀狼」「ラスエモ」「Mind Core」「武士道」ときて「マーダー」で〆るよみたいな。

えー。
現在までに聴いたことのある杉本善徳さんの楽曲では、「南無」に1番
夏を感じます。
ナーーーーーーーーー!ってとこに。

そんな南無も聴けるであろう、次回の東阪ライブ、楽しみですね。
その前には音源も出ちゃうっていうんですから!
でもそれは秋の出来事なんだな…。


本日は全く着地点の見えないままお送りしてしまいました。
大変申し訳ございません。
来週は頑張り…ああ…決勝戦直前ですか、まさか…。
いや、が、頑張ります!

さて、次の胡桃様が、やっぱりアレなのかどうか、すごく気になっています。
ふふふ。


杏でございました。
2006.07.01 Saturday 22:22 | 夏=この曲 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏の思い出と、音楽と。
今日の担当者 EMI  

こんばんはー。
金曜担当のオレンジャーEMIです。


すっかり夏らしくなってきましたね!
暑くてやる気が出ない、食欲が出ない、食中毒が怖い(?)時は、杉本善徳氏のブログでも読んで夏を乗り切りまSHOW!
オススメです(*´∇`)


今回は「夏といえばこの曲」

「夏」と聞いて思い出すのは

「透明少女」NUMBER GIRL


友人がくれたごちゃ混ぜなMDの中にこの曲が入っていたのですが、初めて聴いた時はかなり衝撃的でした。
この年の夏は自分や自分を取り巻く環境でいろいろと事件があって、それを思い出すたびに頭の中で流れます。
MDに入っていた他のアーティストは名前すら思い出せないのに、この曲は歌詞まで鮮明に覚えているから不思議です。
そして友人はこのMDと一緒にPOLYSICSの「1st P」を渡してきたのですが、何を考えてこの選曲だったのか未だに不明。苦笑



現在善徳さんは作曲活動中との事ですが、隊長も触れていた通りあまり夏が好きでは無いらしいので、今後どれだけ夏の曲が生まれるのかは不明です。
ただ夏をイメージした曲じゃなくても、夏の思い出とともに記憶に刻まれたなら、それはその人にとっては「夏の曲」になると思うので、今後夏の思い出をたくさん作れたら良いですね。


夏のスケジュールはわかりませんが、現在itv24.com『鉄ぱいぷ24』で進行中の企画は、夏に敢行される予定です。
気になる方は酸化。。。じゃなくて参加しまSHOW!
どこかで聞いたことがある台詞ですね。



遅くなって大変申し訳ありません!汗
杏さんの選曲に期待してます
続きを読む >>
2006.06.30 Friday 23:41 | 夏=この曲 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏っていつからなんですかねー
今日の担当者   

もう充分暑いのに微妙に夏とは呼びたくない
この半端な時期を何と呼ぶのでしょうか…。

今週も木曜がやって参りました。
ミドレンジャーです。こんばんは。


今週のテーマは、久々の音楽ネタということで
夏といえばこの曲」、です。
夏に聴きたい、夏に思い出がある、なんとなく夏っぽい、等
レンジャーそれぞれの「夏曲」を紹介していきたいと思います。
…違うのかな趣旨…違ってたら謝って許してもらおう…。


メランコリック  わたくしの「夏といえば」は
  Plastic Tree
  『メランコリック

  です。


2004年7月24日、ZEPP TOKYOにて
SWEET EXTRA NEW☆BEGINNINGが行われましたが
私と友人と、その友人の友人2人というよく解らない面子で
クーラーの利かない軽自動車に乗り
お台場まで300km以上の道のりを走り続けたという
どうしようもない思い出がありまして(笑)

その日は確か晴天で、ちょっとないくらいに暑かったのですが
上記のようにクーラーが利かないという状況だったため
4つの窓は全開、天然の風と走ってる時の風が頼りという
なんというか、一昔前の状態に(笑)

あの日終始窓が全開だった車は
お台場広しといえども私達の乗った車だけだったでしょう。

その日のライヴで『メランコリック』が初披露されたのでした。

車に戻ると、友人の友人2人が大量の蚊に刺されて
大変なことになっていました(笑)

だからこの曲を聴くと暑い車内と
帰りにあわや事故になりかけたことを思い出して
ちょっと楽しい気分になります。


と、そんな感じで曲にあまり触れていないのですが(苦笑)
このエピソードが個人的に印象的過ぎたので…。
Waiveで夏の曲あったかなーと思ったんですが
夏が嫌いだから最後のほうまで夏の曲を書かなかったとか
どっかで言ってましたね杉本善徳氏…(笑)

他のレンジャーズの「夏といえば」を楽しみにしています。
本日は、誕生日だった逸が担当致しました。
メッセージ等くださった皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
では、また来週ー。
2006.06.29 Thursday 23:59 | 夏=この曲 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ