ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
霊感ゼロ
今日の担当者 pipi  

こんばんはー。水曜日担当pipiです。

昨夜は”鉄ぱ”がお休みだったので、寂しかったなあ。
来週が待ち遠しいッス。

さてさて、今回のテーマは「こわい話」です。

私は、霊感とか全くなくてそういう類の実体験はないんです。
ホテルに泊まっても「この部屋なんかヤダ!」とかもないですし。
家族や友人関係でも、霊感の強い人間がいなくて話すらでてきません。
そんな、鈍感ともいえる私でも「こわいな」と思う事もあります。

今の職場はでっかい倉庫の一角に事務所がありまして、そこで仕事をしてるのですが
夜の9時に、同じ部署の同僚3人しかこの建物の中にいないはずなのに
倉庫の扉が開き、人が通った気配が!
かなりビビりました・・・。誰が居たかわからないんですが、
きっと誰か残業でもしてたんだとは思うんですけどね。
(挨拶もせずに帰りやがったので、いまだ正体不明)
会社という性格上、正面玄関は施錠してなかったので
不審者でも入り込んだのかと。
何事もなかったのでよかったです。

最近は残業続きで帰りの夜道もこわいんですよねー。
職場の回りは街灯も少なくて、そこでひょっこり誰か人と会うと
何故か緊張しちゃいます。
相手方もきっとそうだと思うケド(笑)

霊感のレの字もない私としては、そういう事の方がリアルに怖いです。
世の中、色んな人がいますしね。

短めですが、そんなとこでー。

暑くてうんざりしてる毎日ですが、肉の日ライブも大決定してちょっと元気がでてきました。
詳しくは、杉本善徳オフィシャルHPにてチェック!
夜バス日帰りになろうとも、駆けつける所存です。

では、また来週〜!

2006.08.16 Wednesday 11:29 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(0) |
だいっきらいです。
今日の担当者 猫間華彪  

はいはいどうも、にゃんころですー。
今回のテーマは『こわい話』ですが。

だいっきらいです。

霊感なんてまったく持ってないんですけどねー。
自分よりも、1コ年上の先輩連中が、霊感持ってる人が多くて困った…。
教会とお寺に挟まれた家の先輩とか(ベッドにエリコさんて人が3日間居座ったとか)
高校時代もお世話になる先輩とか(笑顔で話をバンバン出してくる)
修学旅行で長崎行った話はもう、自分の中では伝説に近いですよ(笑)
(「心霊写真撮って帰る!」と気合十分で行った先輩方。
写真は撮れなかったけど、就寝の時に幽体離脱しそうになったり、長崎から何人か持ち帰ったり)
鹿児島から転校してきた先輩も、笑顔で「あー、ゴメン。つれてきちゃった」とか言う人でした…。

ほとんど中学の頃の話ですよ。
友達は美術室で見たらしいですけども。
わたしは何も見ぬまま卒業しました、よ…!(涙)

+

そんなわたしですが、1回だけ、「ヤバイ」と感じた金縛りに合いました。
当時オンラインで書いてた日記はもう消えてると思うんですが。
そのときの話をちょこっとだけ。

ちなみにその金縛りは2回目。
1回目と同じように、疲れてるんだろうな…と思ってたら、左腕が。
(ちなみに我が家は家族全員、川の字で寝ます)
(私の左には母が寝ていました)
明らかに隣に母が寝ているのに、誰かが私の左腕をユラユラと揺らして遊んでるんです。
母の寝息はちゃんと聞こえます。でも、誰かが揺らすんです。
座り込むスペースなんてあるはずが無いのに。
手の感触は、女の子みたいな感じで。
「え、ちょっとコレやばい…?」と思った瞬間。

頭をいきなりガシっと掴まれました。

男の人の手のような、ごつごつとした大きな手で、頭を。
もう大パニック状態。叫びたいのに叫べない。
布団は、箪笥ギリギリにひいてるから誰かが座れるはずも無い。
隣に母が寝てるのに誰かが座れるはずも無い(まだ腕はユラユラされてた)

どれくらいの時間、そうされてたかは覚えてないのですが、
気付いたら金縛りはなくなってました。
「誰かさん方」も、いなくなってました。

+

後日その話をitvの某番組にメールしたら、霊感が強くておなじみの司会さんに
「あー、それはちょっとヤバイかもしれませんねー」と笑顔で言われた(涙)
ちなみにその人の霊感はハンパないらしいです、よ…。
悪い霊のオーラが赤く見えるとかどんだけ(涙)
ジュリィーの伏見の、ホテル怪談もシャレにならないと思いますー…。

涼しくなるのは良いですが、余計なものが混ざるのは困りもんですね。うむむ。
続きを読む >>
2006.08.15 Tuesday 23:07 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうそろそろ死ねる勢いで
今日の担当者 くろこ  

お盆休みって何ソレの勢いで7連勤中のくろにゃですどうもー。
し、新人が育つまでの我慢だぜ!ハハハ!
さて今週のテーマはこわい話
怪談系の話は縁がないのでリアルにこわかった話でも。

つい先日、ショップの近くの住宅街をポスティング(広告配り)して歩きました。
バイクの免許はおろか、自転車さえ持っていない自分は当然徒歩でのポスティング。
午後2時から5時半くらいまで。
雲はかぶっているものの気温は30℃を越えて気が遠くなりそうな暑さ。
マンションなんて殆どない地域なので歩く距離が途方もない。
若干意識朦朧としながら約300枚を配って歩きました。
あまりにもつらかったので1時間半の早退(休みと相殺)をして帰宅することにしたその帰り道。
1台の軽自動車が自分の横を通り過ぎ、突然停車しました。
ナニナニ?
まあたまにはあることですから気にせず前へ進みます。
すると時速(推定)5kmで動く出す軽自動車。
ナニナニナニ?!
ぴったりと自分の斜め後ろについて来るのです。
軽く動揺、止まるのも怖い。
イヤホンで音楽を聞いていたのでそれで気を紛らわせつつ足を進めます。
しかし家が近づいても尚追いかけてくる車。
いくらなんでもこえーよ!!
イヤホンを外し家に居る家族に助けを求めようと電話を手にした瞬間。

「M川さーん?」

誰だよM川!!


拍子抜けして間抜けにハイ?と返事をするとさらに間抜けな顔をしてジロジロ見てくるオッサン(推定55)。

「あら?」
「は?」
「M川さん…じゃないよね」
「間違いないですね」
「あらごめん。あれじゃないよ、あれじゃないよ!!」
「はあ(なんだよあれって)」
「ごめん間違えましたーどうも!!」
「どうも…(そんな間違い電話のノリで言われても!!)」

あまりにも気味が悪いので、車を見送って一旦隣にあるドラッグストアに入って、
10分くらい時間を潰してから家に帰りました。

ストーカーではないにしてもさすがにこわい、というか恐ろしかった!!
とっさにドラッグストアに入ったのは正解だったように思いますが、
昼間のたったこれだけの出来事でもこわいんだから暗闇でやられたら発狂するわ。
家に帰ってから家族に事細かに話すと
「あ、そのM川って○○(ファミレス)の店員さんじゃない?」
と意外な答え。つーか自分もその人知ってるけど全然似てねー!!

お化けとかそのテの話はあまり信じていないので恐くはないのですが、これは恐かったよー。皆さん夜道は気をつけて。
帰り道が一人になることが多いようならヒールの高い靴や歩きにくい格好はやめてみて下さい。昔はこんなことでおびえたりしなかったのになあ。
時代って変わったよね。

というか善徳さんのニューシングルのジャケット写真が、びっくりするくらい今までのイメージと違って、これにも時代の移り変わりを感じました(笑)むしろ、逆戻りしてるのかこれは。

更新遅れてすみませんでした。
10月のライブには気兼ねなく参加出来るように、新人育成頑張ります。
あと、10連勤頑張ります(笑)
ではではー。
2006.08.14 Monday 16:52 | こわい話 | - | - |
夏といえば
今日の担当者 胡桃  

毎日暑さと仕事の忙しさで半死人のブルーレンジャーです。
早く涼しくなると良いな…。
さて、今回のお題は

『こわい話』

という事で、一昨年起こった怪談話を一つ。
2年前、2年に1度の元帥の怪談!とばかりに、楠本柊生元帥の怪談がありました。
4年前は話す元帥の右手袖から白い手が見えたりとか、
一番後ろの席だったのに後ろを誰かが通る気配がしたりとか、
それはそれはばねと2人で塩を撒き合うくらいの出来事でした。
で、2年前。
グルグル映畫館の天野鳶丸さんまで来たので、ものそい長くなったのですよ。
やった場所も西九条ブランニューとかだったから、
(あっこは出る事で有名)
あえて周りは見ないように舞台に集中。
そしたら、愛知から来てた友達が帰れなくなってしまって。
お金も無いのでうちにおいでよと連れて帰ったのです。

うちの家はぶっちゃけ山の中なので(爆)、
帰り道は割と暗いんですよねー。
で、まぁ駅から家が結構遠いから近い方の駅から帰ろうという事になり、
無人駅から降りて2人で徒歩って帰ったワケです。
そっちの駅の方はホントに暗い為、2人で暗いねーとか言いながら坂を上ってた時でした。
突然街灯がパン!て音を立てて1つ消えたんですよ。
この時うちらは早めに西九条を出た為、塩を貰って来なかったんですね(苦笑)
で、ヤバイの連れて来ちゃった?と2人でビクビクしてました。
一応その時はそれ以上は何も無かったのでそそくさと家に逃げ帰り、
塩を撒いて部屋に入ったのですが、
連れは少々霊感があったので、「まだ居る」…と。

まぁ、部屋の中では特に変わった事も無かったので、
とにかくご飯を買いに行こう!と再び外へ<勇気あるなおい。
さっきと同じ道を通って、ローソンに。
先ほど消えた街灯は再び点いてたので、半分ホッとし半分ゾッとしましたね。
買い物も終え、帰宅しようとまた坂を上り始めると連れが一言。
「そっち(右手の方)神社かお寺かある?」
…ありました。
小さいけど鳥居があるのを私は知ってたんですよ。
ただ、夜はホントそっちの方真っ暗で夜目の利く私でも見えません。
初めて来た連れがそんな事知ってる筈無いんだよ(苦笑)
「小さい神社あるけど…何?」
「いや、そっちから何かピリピリしたモノ感じるから…。
さっきの音のせいで怒ってるのかも」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
半分泣きそうになりながらそれでも坂を上り続け、さっきの街灯のトコに来ました。

はい、お約束(爆)
再度音を立てて消える街灯。
流石に私が耐えれなくなってダッシュで逃げました。
ホンット怖くて、部屋の四隅に塩盛って枕の横にお経置いて寝ましたよ。
(仏壇の引き出しに入ってたのを仏壇の祖父母に断って拝借)

西九条ブランニューといえば、次善徳さんがやるトコですよねー(笑)
まぁ、あの人関連で霊騒動は聞かないから多分大丈夫。
てか、うちのスケジュールに入ってましたよ(苦笑)
辞めてるかもしれないけど、やってても休み下さい。
そんな感じで秋は頑張るぞー。
次のくろにゃさまヨロシクぅ☆

続きを読む >>
2006.08.13 Sunday 23:48 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(0) |
異世界に縁遠い。
今日の担当者   

どうもどうも。やっぱり毎日暑さに負けています、
ヴァイオレンジャー・杏です。
蒸し暑いって罪。

そんな訳で、今週のテーマは少しでも冷やっとするように「こわい話」となりました。


えー、いわゆる心霊や幽霊系の怖い話に関しては、私は全く感じないし何も見えない
体質です。なのでなんにも経験もないし、あんまり興味もないんですよねー。


終 りょ・・・


いかん、先週と同じネタ(しかもパクり)をまたやってしまうところだった。

まあでも見えない&感じないというのは本当でして、あまり怖い思いをしたことは
ございません。先日、怖いと定評のある元帥の怪談を聴く機会に恵まれましたが、
今回はそれを目当てに集まった観衆が対象じゃないということもあって
きっと緩い部類の話だったんでしょう。みじんも怖くありませんでした。
むしろ途中で飽きた

もちろん暗い道を通ったりするのは怖いし、夜中に一人でいて物音がしたら
ビクっとする訳ですが、呪い祟りの類よりも、怖がってるのは生身の人間の悪意
なんじゃないかと思うので・・・。ネット世界でも、現実世界でも。
最近怖い事件が多すぎです。
1対1の事件だけでなく、これは「悪意」で簡単には片付かないですが、テロ行為も
怖くなりました。
地下鉄サリン事件や911で、実は身近にそういうことが起こるんだということが
認識されてからは本当に怖いです。



ちなみに、小説の「怖い話」は大好きです。
今まで読んで一番怖かったのは、鈴木「リング」です。本の中の話から一気に
自分の身に近寄ってくるところがすげー怖かった。(映画は怖くなかったね)
一番気持ち悪かったホラーは綾辻行人の「殺人鬼/殺人鬼供廚任垢諭6貅蠅任靴拭
おすすめしません(苦笑)。

この人にきっと怖いものはない!杉本善徳さんのニューシングル発売まであと46日!(ハンパだ・・・)
まだ暫く時間があるので、公開されたジャケ写でも眺めて、わくわくと待っていましょう。

それでは、いまいち怖くない話ですみませんでした。杏でした!
2006.08.12 Saturday 22:22 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(0) |
少し涼しくなりますか?
今日の担当者 EMI  

こんばんは。
最近、金曜深夜の「黒い太陽」というドラマにはまっているオレンジャーEMIです。


毎日暑い日が続きますね。
そんな暑くて寝苦しい夜に、ちょっとでも涼しくなっていただければ。。。
今回のテーマは「こわい話」です。


これは私の職場の上司が体験した、本当にあった話です。

当時紋別に住んでいた上司は、ちょっとした用事の為に峠を越えて出かけていました。
その帰り道。
すっかり暗くなった道を運転していると、地元でも出ると有名なトンネルに差し掛かりました。
私も通った事があるのですが、古い、狭い、長いという、噂がなくてもちょっと怖い雰囲気のトンネルでした。

上司は若い頃から霊感が強いのか、よく幽霊を見ていた人でした。
はっきりと見えることは少なかったそうですが、何かがいるというのはわかったとか。
そして奥様はそれ以上に霊感が強いために、昔はデートでドライブ中でも
「あ、今いたよね」
「うん、いたね」
なんて会話をしていたとの事。
でも子供が生まれてからはすっかりと見えなくなったそうです。


今までもそのトンネルを通った事があり、なんとなく嫌な雰囲気だとは気付いていたのですが、そこを通らないと帰る事ができないので車はトンネルの中へ。
そして途中で気付きました。
何かが乗り込んできた気配に・・・

後部座席に座っている気配。
間違いなく生きてはいない。
事故で亡くなった男性だと。

トンネルの中で停車するわけにもいかず、とにかく抜けきったところで車を路肩に停めて外へ。
決して後ろを振り返る事はせずに車から離れました。
もう夜中だったので車も通らず、周りは民家さえ無い山の中。
(私はそんな所で外に出るほうが怖いと思ったのですが、上司いわく「車内の空気が重くなって気分も悪くなり、とてもじゃないけど運転を続けられなかった」との事)

「困ったな・・・」
そう思ってタバコを吸いながら時間を潰していると、何台かの車が通りがかりました。
その瞬間、車内に居た気配が消えたので、車に戻りそのまま無事に帰宅。


その話を聞き終えて、
「そんな霊だったら、よくある怪談だと身に危険が起こるじゃないですか。良かったですね」
と言うと、
「うん、でもあのまま運転を続けてたらどうなってたかはわからないね」
と言われました。


みなさんも夜のドライブでは気をつけてくださいね。
それでは、今日はこの辺で。。。





怖いのが苦手で「読んでしまったよ!バカー!怒」って方は、コチラで新曲のジャケットでも見て癒されてきてくださいねー。
色気たっぷりで、itvで初めて見たときに思わずチャットで
「エロイ」
って言ってしまいました。笑
「鉄ぱいぷ24」では番組内でジャケットの投票をしたり、前回の放送ではc/wの「甘党」をどこよりも早く流してくれました。
ほんの一部だけど。
気になる方は有料会員になって視聴しまSHOW!
続きを読む >>
2006.08.11 Friday 22:27 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(1) |
夏といえば…
今日の担当者   

どうも、こんにちは。ミドレンジャーの逸です。
ちょっと前のテーマじゃないですが
ここ一週間で、エアコンのない生活がどれだけ苛酷かを思い知りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。


さてそんなこんなで、今週のテーマは「こわい話」です。
暑い時にはこれだ!…という訳では別になく
「こわい」ものも人それぞれだよねというのがオイラりゅ…いや、レンジャー流です。

そして私が今リアルに最も怖いのが

熱 暴 走 。

前からPCが絶不調でして
タッチパッドが反応しない、スピーカが異常音を出す
本体からカタカタと音がして「ファンが正常に動作しません」と表示される
等々のハード不調、更には
画像編集ソフトで画像のサイズ変更ができない
ネット接続ツールを開くと常に「configuration.dat が開けませんでした」
等、各ソフトも調子が悪かったのですが

先日、とうとうイカレまして。

セーフモードですら立ち上がらないという徹底ぶり。
各種データが飛んだかと思って真っ白になりました。

しかし!殆どのデータは救って戴けました。
小躍りする程嬉しかったです。

で、半日かけてOSのセットアップやら何やらをしたのですが
使用中、アラートが出て強制終了…。
とことん呪われているようです。

そんな感じで、PCイカレ事件が最近体験したこわい話です。
まあ、データのバックアップは取っておきましょうということですね。
それでは、まだ不調なPCをこれから見てもらおうと思います…。
半端でスミマセンが、この辺で。

また来週〜。
2006.08.10 Thursday 04:44 | こわい話 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ