ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
冬といえば
今日の担当者 pipi  

どもども、こんばんは。 pipiです。

ブログのアップに何回失敗してるんだ・・のろ・・・のろ・・・

めげずに参ります。
今回のテーマは 「冬といえばこの曲」 

毎年この時期の定番といえば、山下達郎ですね。
雨は夜更け過ぎに〜♪
超ベタですね(笑)

が、今私の頭の中を駆け巡ってる1曲が!

無色の雪 wyse

ここ最近、頭の中をぐーるぐる廻ってます。
スローな曲が多い冬の曲だけど、この曲はキラキラしてて好き。
夜空からわっさーと降って来る中で聴きたいな
雪が降って来るトコロをじーっと見てると、雪が降ってるんじゃなく
自分が上にのぼってるような感覚がしませんか?
あと、雪が降るとちょっと暖かくなるような気がします。
雪国の方にしてみると、悠長な発言ですね・・・
東京は雪が降ると、交通機関が麻痺したりして色々アレなんですが
たまには降って欲しいなー
今年は(今年も?)暖冬みたいなので、望み薄かな

北の国から引っ越してウン年経ち、寒さにはすっかり弱くなりましたが
雪道の歩きには自信がありますYO!!
体が覚えたコトは意外に忘れないものですね。

この1曲がぐるぐる廻ってて他の曲が思いつかない・・・
短くてすみませぬぅ〜


2月発売の善徳さんのアルバムには、冬の曲・雪の曲はあるのでしょうか。。。
何はともあれ楽しみです。
2月のアルバム&リキッドライブの情報他はコチラで!
クリック!クリック!
皆でリキッドに駆けつけまSHOW!

今回はこの辺で。pipiでした。ではでは。
2006.12.20 Wednesday 11:29 | 冬=この曲 | comments(16) | trackbacks(383) |
さむいのにがて。
今日の担当者 猫間華彪  

そんな感じで藍色にゃんころでございますー。
う、日々寒い…。

+++

『冬といえば、この曲』
いつものようにまあ、参ります。
とりあえず思いつくまま箇条書きだぁ!(笑)

*Plastic Tree『雪蛍』*
プラの降らせる雪はとてもあたたかくて儚い感覚がする。
ストリングスとデジタル音とプラの浮遊感。
いいかんじの冬の曲です。最後あたりのサビのたたみかけかたが好き。
PVでもね、竜太朗くんのシルクハット復活!とか言ってた(笑)

*Dir en grey『ain't afraid to die』*
今年最後の雪の日。
しんしんと音もなく降り積もるやわらかな雪に触れているかのような音。
途中で入るコーラスとか。グッと盛り上がる中盤とか。
これは音源としてでも良いのですが。ライヴで聴いた方がいい。

*D'espairsRay『闇に降る奇跡』*
シャウトぶちかましのひずみちゃんの声が、意外にも優しくて。
叫ぶ声はなくとも、感情のふり幅はとても大きくて。
真夜中、雪をふみしだき歩くような情景というか。そんなのが浮かぶ。

*Raphael『White Love Story』*
「冬の曲」というよりはダイレクト「クリスマスの曲」…(笑)
ベッタベタクリスマスソングです。とてもかわいい。
クリスマスといえばこの曲だろう!の勢い。かわいいんです(二度言う)

+++

そんな感じで。
冬、うん、冬…わたしは寒いのが苦手なので困りますねえ。
ライヴの服装とかも悩んでしまいます。むーむー。
しかししかし!クリスマスの『天嘉』は、ホール!
いっぱいおしゃれして善徳さんに会いにいってくださいね(にこやかにお見送り)
2月のライヴも楽しみ!
アルバムも楽しみ!
ご飯企画も楽しみ…!!

そんな感じで逃げますわーい!!(猛奪取)
2006.12.19 Tuesday 23:29 | 冬=この曲 | comments(39) | trackbacks(1) |
冬に咲く花。
今日の担当者   

どうもこんばんは、寒いのは苦手な春生まれ、紫レンジャー・杏です。
 でも最近は春も花粉症で苦手です。。。

さて、今週のテーマは、ひさしぶりに来ましたこのシリーズ
「冬=この曲」

夏のときに散々悩んだ記憶が戻ってきましたよ。
それでも、まだ冬の方がいろいろ思い当たるものがあります。
さくさくっと3つほど挙げちゃいます。
なぜかというと、私は楽曲について語ることが本当に苦手だからです。
スキに理屈はない!から。思い出ならいっぱい語れるんですけどね…。

『肌寒い冬の夜明け』 Kra
ボーカル景夕の繊細な声は、冬の澄み渡った冷たい空に似合います。
切なくてどこか懐かしくて、心に染み入る1曲をどうぞ。
アルバム『Acid Marchen』に収録されていますが、一緒におさめられている
『アレグロ・ダンス』という曲が、もうほんとにたまらないくらい好きなのです。
サビを聴くと泣きそうになります。できればこちらも聴いてみて欲しいです…。


『夢じゃない世界』 Fanatic◇Crisis
正直Fanaは曲が多すぎて悩むところなのですが、今回はぱっとひらめいた
この曲をご紹介。
特に冬の曲ではありませんが、冬に発売して1月のツアーで
聴いていたから冬の記憶が強いのかもしれません。
この曲を聴くと、よくわからない焦燥感にかられます。今ここにいていいのか、
と自分に問い掛けたくなる。生ぬるい生活をしていてはいけないと思う。


『祈り』 Psycho le Cemu
冬というより、クリスマスに聴きたい曲でしょうか。
2004年のクリスマスイブに、ZeppTokyoで聴いたときのことは
きっと一生忘れません。
10年後も、みんなでこうして笑顔でいたいね、と思います。


どれもこれもちょっと儚げで、いわゆる「冬にゲレンデで聴きたい曲」
みたいなのが出ませんでした(笑)。すみません。
違った切り口で、「冬におこたでぬくぬくしながら聴きたい曲」
なんていうのだと、もうちょっとほっこりしたものをセレクトできたかな。
また今度そんなのにもトライしてみましょうか〜。
ちなみに私は逸隊長と正反対にバラードイヤー。基本的にはバラードになると
曲をスキップするような人間です(笑)。人の嗜好ってほんとにいろいろですよね。

さて、2006年もどん詰まり。
でも杉本善徳さんのライブは、公式に発表されているものが
年内あと2本もあります。R*A*Pとの対盤はもうすぐ、18日ですので
今まだ悩んでいる方がいましたら、すぐ決めて渋谷に向かいまSHOW!
きっと楽しいことには間違いなし。

来年の予定も決まっていますよ。
とにかくすべての情報はコチラ
情報だけじゃなく、毎日ブログも楽しめますよ。クリック!クリック!

ではでは、杏でしたー。
2006.12.16 Saturday 22:22 | 冬=この曲 | comments(0) | trackbacks(9) |
冬眠したい…
今日の担当者   

はいどうも、緑担当ミドレンジャーです(違)
関節の痛みは痛風じゃないのかという疑惑が出ていますが
皆様いかがお過ごしでしょうか。
ほぼ完成していた文章が消えて世の無常を感じています。
やる気出していってみまSHOW…。

今週のテーマは「冬といえばこの曲」。
レンジャーの冬曲をご紹介していきたいと思います。

しかしあれですね、世の中にクリスマスソングはごまんとあるのに
花祭(潅仏会)ソングはないんですかね?
誰か開拓しましょうよ(笑)
NUM AMIDABUTS-南無阿弥陀ブッツ-の方々とか、最適だと思うんですけど(笑)
まあそれは置いておいて…

雪に願いを

  私がご紹介する「冬といえば」は
  中島卓偉(TAKUI)
  『'Cause I MISS YOU

  です。

画像はこの曲が収録されているシングル『雪に願いを』のジャケットです。
彼がTAKUI名義で出した最後のCDですね。

発売当初、金欠か出不精か何かでしばらく購入していなかったんですが
卓偉氏が当時パーソナリティを務めていたラジオで
「『街路樹にも 改札にも この部屋にも 君だけがいない』と歌っている曲は
 なんというタイトルですか?教えてください」
というリスナーからのメールを読み上げ、『'Cause〜』を流した後に
「『雪に願いを』のカップリングで入ってるから。買え!!
とおっしゃっていたので、あー買わなきゃなあと思ったのでした(笑)

バラードスキーの私にとっては
アコギとストリングスの音に乗った掠れ気味の声がツボです。
カラオケの某機種に配信されてからは、よせば良いのに行く度歌ってます。

アルバム『傘をささない君のために』にも収録されているので
興味を持たれた方はそちらもどうぞ。

アルバムといえば、杉本善徳氏のアルバム詳細が決まりましたね!
2007年2月7日は『HELLO』の日、ということで
いやー、楽しみですね!
初回盤と通常盤のどちらを買うか迷うところですが(苦笑)
迷ったときには両方買うってことで良いんじゃないですかね?
このアルバムを聴いて、2月18日のリキッドに行きまSHOW!
アルバムやライヴの詳細はYS1126.comをクリック!クリック!

はい、そんな感じでね、今日はこの辺で。
曲にあんまり触れてないとかは禁句です。
また来週ー。
2006.12.14 Thursday 23:59 | 冬=この曲 | comments(0) | trackbacks(4) |

このページの先頭へ