ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
25枚買えって言われましたよ
今日の担当者   

夜に予定が入りがちなら昼に書けば良いということに
いまさら気付いたミドレンジャーです。
名古屋行きは実施されそうです。
どうも、こんにちは。


今週のテーマは「極彩色の狂詩曲』感想」ということで。

杉本善徳 『極彩色の狂詩曲』 ¥1,680 DCCA-1012
もう一度巡りあう奇跡?! 数え切れない未来?!
超ミュージシャン的エンターテイナー、EX. Waiveの杉本善徳 始動!
彼が初めてメインボーカルをとるという点でも注目のマキシシングル!

(新星堂SHOPPING SITEより)

発売日は5月10日だったのでもう2週間経ってるのですが
諸事情により(笑)ここのブログでは今週のテーマということになりました。

私は曲の雰囲気を言葉で伝える能力が皆無なので(苦笑)
その辺は他のレンジャーズにお任せして、感想だけ、いかせて戴きます。


01. Recolored
初めてフルでちゃんと聴いたのは沖縄のライヴの時だったと思うのですが
歌詞が赤裸々で凄く切なかったです。
CDで聴いた最初の印象は、案外歌上手いな、と(失礼)
高音のとこ辺りは、善徳氏ならもっと何とかなりそうな気がするのですが
そこのところは今後に期待ですー。…偉そうだな私(苦笑)
1曲リピートにすると、最初と最後の歌詞が
字は違えど音は同じで、なんだか不思議な感じがしますね。


02. ミンナノウタ
気付いてみればこのシングルの中で一番好きな曲になってました。
こんな曲善徳氏にしか作れんし歌えん!と正直思う訳です。
善徳氏自身がどこかで言ってた通り、歌からラップへの切り替わりに笑えます。
「mad identity.」という歌詞が、最初「満漢全席」に聞こえて
キてる!とか思ってました(笑)

そして色んなとこで言ってますがこの曲のPVが私の中ではクリーンヒットで
いまだに平常心じゃ見られません。無理むー。
彼が幼稚園児に囲まれて笑顔でギター弾いてる姿なんて
ちょっと前まで想像もしていませんでしたよ…。
色合いがポップで、大層可愛いPVとなっております。
今ならitv24『東海林のり子の仕事もロックもハードが最高!!』
無料のオンデマンド放送が見られますよー。PVが見たい方は、是非。
見逃したら『鉄ぱいぷ24』を番組購入すれば良いです(宣伝)


03. 朝焼けにざわめいて空を舞う鳥を見た
歌詞がね、切ないんですよ…(苦笑)
なんか某携帯サイトでは「大失敗」って作った本人が言ってましたが(笑)
…コメントしずらいな…。
まあ、どうでも良い話になると
「き」の発音、というか発声が私と似てるなと思いました。
…ほんとどうでも良い話でしたね(笑)


04. COMPLEX
元々はひとに提供した曲だったということですが。
善徳氏の声に凄く合ってると思います。本人も言ってましたけど。
掛け合いになってるとこが、ライヴでやったら盛り上がるだろうなと
一聴して思いました。
CDでは、この曲と『ミンナノウタ』にコーラスとして
中村泰造氏(cune)、DAIGO☆STARDUST氏、エンドウ.氏(ex.アカツキ.)
のお三方が参加しておられます。
楽しいレコーディングだったようで、羨ましい限りです。


はい、そんな感じで身のない感想でしたが(笑)
極彩色の狂詩曲』オリコンインディーズシングル週間チャート第2位
おめでとうございますー拍手

9月に発売が決定した2nd Single『I am Fragile.』も、
これ以上に売れると良いですねー。
というか、売りまSHOW!広めまSHOW!
CD発売の詳細は杉本善徳Official Web Site.へ。

CDを聴いていない人はライヴに行った時
善徳さんに「半ば敵」と見なされるらしいので(笑)
できれば買って、聴いてくださいねー。


では、他のレンジャーズの記事に期待しております!(笑)
木曜担当、ミドレンジャーの逸でした。
2006.05.25 Thursday 15:53 | 『極彩色の狂詩曲』 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

2007.01.05 Friday 15:53 | - | - | - |









http://1126-show.jugem.jp/trackback/112

このページの先頭へ