ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
うまい言葉がみつからない
今日の担当者 pipi  

こんばんは。
黄レンジャー pipiです。


ではでは、今回のテーマにいってみまSHOW!


今回のテーマは「極彩色の狂詩曲/杉本善徳 を語る」です。

他のレンジャー諸氏の感想を読んで、「そうだ!そうだ!」とか「うまいこと言うなあ」とか
思うばかりで、はてさて自分の番となると語彙のなさにあきれかえるばかりで。
ラ、ラストはつらいぜ・・・(言い訳)
なので、音源の感想 プラス 5/19代官山UNITでの感想を織り交ぜて書きたいと思います。


M−1 Recolored
確かライブでは2曲目くらいだったと記憶してます。
歌詞の痛さ・切なさがライブだとよりいっそう伝わってきて心臓イタイ。
でも、そういう所が「らしい」のかも。
曲のラストで「忘れ得ぬヒト」と唄ってるけど
歌詞カードは「忘れ得ぬ人々」ってなってるのが好きです。


M−2 ミンナノウタ
ライブでは本編のラストとアンコールでのラストの1曲。
この曲のドラムとベース、大好きなんです。ライブで聴いて、さらに好きになりました。
極彩色の言葉達がぴょんぴょんはねてる感じがスキー。
ライブでのラップパートはミサ(バビロン)が。

ちょっと話が逸れますが、代官山のライブで初めてミサ氏を、生ミサを拝みまして
10年来の知り合いに似てたので興奮しました。
(共通項目 スキン+ヒゲ+恰幅がいい)
今度至近距離から拝みたいと思います。

ライブん時の善徳くんの笑顔が今も目に焼きついています。
先の事はわからないけど、今後も大切な1曲になっていくのかな。と思っています。


M−3 朝焼けにざわめいて空を舞う鳥を見た
イントロのギターが好き。
夜が明けたばかりの空気を感じれる曲。
キンと冷えてて、でもその分空気が澄んでるような気がする夜明けのブルー。
他の方も書いてましたが、「失敗」とか言われるとコメントしずらいですね(笑)
ライブでは中盤にやりました。


M−4 COMPLEX
音源が発売される前のラジオなどで全くかからなかった曲だったので、
CDが初聴き。
ストライクゾーンど真ん中でした。かっこいー!
若い頃、こういう思わず拳を上げたくなる曲を沢山聴いてきたので。
三つ子の魂100までも(何か違う)
ライブでは終盤に。かなり盛り上がりました。


ここまで書いて、もう脳みそ沸騰しそうです。プシュー・・・
にゃんこさんの期待にも応えられてないしー、もー、ダメダメ(笑)

9月の音源発売・10月のライブが決まって、今から非常に楽しみです!
詳しい情報は杉本善徳オフィシャルHP でチェック!

いつも〆られないpipiでした。あーん(泣)
それでは、そんなトコでー。
2006.05.31 Wednesday 11:29 | 『極彩色の狂詩曲』 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

2007.01.05 Friday 11:29 | - | - | - |









http://1126-show.jugem.jp/trackback/118
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/23 3:58 PM |

このページの先頭へ