ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
雨漏りは大嫌いです。
今日の担当者 猫間華彪  

どうもおこんばんは。にゃんころでございますー。
今回のテーマが『雨にまつわるエトセトラ』ということで。
雨関係で何を語ろうかなぁとウンウン考えておりましたが、
ベタベタに雨にまつわる曲なんかを紹介してみようかなーと。
びじゅある系ばかりです。

+

ムック『雨のオーケストラ』
雨、と考えていちばんに浮かんだのがこれ。
曲の始めと終わりにさらさらと降る雨の音が印象的。
ドロリとした『負』の音は少なく、ストリングスの繊細な音が主。
ムックの音とストリングスが荘厳。

Kra『雨の告白』
Kra=メルヘンポップを想像してると、この音のギャップはかなり新鮮。
起伏の少ないメロディと、淡々と繰り返される音は結構病みつきになります。
PVも意味深で不思議な空間。

nil『雨と無知』
いつか紹介したZIGZOのヴォーカル・TETSU(高野哲)の、
ZIGZO解散後の新バンド(実は再結成)の楽曲。
シンプル・ロックに乗る言葉が秀逸。
高野に関してはサウンド面以上に歌詞・言葉が綺麗。
荒削りの音と声が、より一層歌詞を引き立たせてるようで。
とても、綺麗。

ガゼット『生暖かい雨とざらついた情熱』
何が好きかというと、アルバムを1曲目のインストから聴いていく流れが好き。
mixiのレビューをそのまんま引いてくると、
「銃声から続く『Nausea&Shudder』の勢いから『Bath Room』へと沈み、『Maggots』で混沌となる音は『生暖かい雨とざらついた情熱』でがらりと印象を変える。
アルバムの始まりのこの流れが好き。
どれもタイプの違う曲だけれど、非常に心地よい流れ。」

初めて聴いたとき鳥肌立ったもの。
『Maggots』から『生暖かい雨〜』へのあの切り替わり。

メリー『さよなら雨(レイン)』
レンジャーリーダーくろにゃを一瞬にしてハメさせた?(笑)
メリーお得意の哀愁歌謡曲にロック。メリー・レトロック。
この曲に限らずメリーはけっこう雨の曲が多い。
…雨の曲というよりは失恋して雨にぬれてる女の曲?(笑)
哀愁歌謡曲に乗るがらちゃんのハスキーヴォイスはまた格別。


+

雨の日ってのは好きでもあるし嫌いでもある…。
自分の気分とタイミング次第でいい日にも悪い日にもなるなぁと。
新しい傘を買った時なんかは、結構雨の日が待ち遠しかったりもしますな。
現在のお気に入りは白黒市松模様の傘と、安物だけど青の傘。

それから道路交通法が改正されて、自転車にもかなり重たい罰則つきましたなー。
雨の日の傘差し運転に罰金だそーです。
大学時代は良くやったな…と生温い感覚です(笑)

ちなみにWaiveライヴはあんまり雨にあわなかったよ!とここで行っておく。
広島も雨降らなかったし、大阪も雨にあわなかったし。
ただ、DEADONEのイベント日だけはどしゃ降りでしたけどね。
今回のトラバはこちら
相変わらずレビューブログ探すのが大好きでございます。
2006.06.06 Tuesday 20:57 | 雨にまつわる… | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

2007.01.05 Friday 20:57 | - | - | - |









http://1126-show.jugem.jp/trackback/124

このページの先頭へ