ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
名物に、たまには旨いものもある!
今日の担当者   

そんなわけでどうも、毎週土曜日の紫レンジャー・杏です。
入梅しました。


鉄ぱいぷ24という番組の企か…(ry。
なので、今週のテーマいきまーす。

『東海地方のウマイもの!』


こないだレンジャーでしゃべっていた際に、そもそも東海とはどこか?ということに
なり、実は行政区分とか歴史とか、そういうくくりによってまちまちなんだということを
知って大変驚いた訳です。
基本的に愛知は外れないようですが、場合によって静岡が入ったり、三重が入ったりするらしい。
愛知・岐阜・三重+静岡、みたいな感じのようです。
うーむ、静岡県は、実は地味に駿河と遠州にわかれているので、遠州なら東海に
含まれてたかもしれません。


番組中では、とにかくサクラエビ大プッシュでS本さんまで若干ひかしてしまった
過去がありますが(苦笑)、まずは静岡が東海だという大前提で、
「生サクラエビ」と「生シラス」を推したいものです。
要は自分が食べてみたいだけですがね。
生シラスは経験ありですが、生サクラエビは漁期が春秋2回なので、その時期に
どうもあたったことがなく。
由比なら東名高速でがーっといけるので、バス旅にも適してると思ったのですが。

催行時期が7月以降にずれ込みそうなので、気持を少し変えました。


いちおしは、飛騨牛!!
岐阜も東海なんだから、これはオケーでしょう!!
(胡桃様、ごめんなさい…)
もともと肉はそれなりに好きですが、杉本善徳さんのブログを読めば読むほど
各地のいわゆるブランドな牛の肉を食べたい気持が発生してきております。
飛騨は自分で行きにくそうなので、ぜひここでお願いしたい。

名古屋は、地味によく行く土地ですが(笑)、しかし当然のようにライブがらみで、
しかもなまじ日帰りができる距離ですので…意外にご飯を食べてないのですよ。
ウマイものといえば。

・手羽先(風来坊派です!) 
・味噌煮込みうどん(猫舌には敵)
・きしめん(素直に美味しい)
・味噌カツ(矢場トンがメジャー?)
・天むす(手堅くうまい)
・ひつまぶし(サイコー!)
・スガキヤラーメン(笑) ←でも愛知出身の子には、絶対はずせないモノだそうだ

…と、結構多いですね。
番組チャットでも一押しの声の高かったひつまぶしには、私も一票いれたい
ところです。
鰻大好き静岡育ちでしたが、ああいう食べ方があったのか!と目から鱗が。
私はいつも某有名店のデパート出店で食べてますが、本店ならお座敷もあるようだし
バス1台分くらいの人数なら貸しきれないかなー…とちょっと思ったり。
ていうか、旨いものを食べるにしても、もうちょっと観光地っぽいとこじゃないと
人数がどこも厳しいんですかねー?
日帰りだったら夜飲みに行くって訳にもいかなそうだし。

ということで、ちょっと目先を変えて、名古屋でお昼を食べたら鳥羽へ向かって
鳥羽水族館を見学しつつ、赤福の本店で赤福を食べるってどうだろうか(笑)。
ま、赤福って既に提案したのに「それは違うやろ」って却下されたけどね。
でも餡子があまり好きじゃなかった私が美味しいと思う餡子菓子は水羊羹と赤福だけだったんだYO!


本当に東京からバス旅行をするなら、静岡辺りでいったん止まって昼食に
生シラス丼と生サクラエビ、そっから名古屋へ向かってひつまぶしって
コースがとてもよかったのではないかと思います…。
もしなんだったら、名古屋のあの「どうしてココに?」っていう栄の観覧車に
全員で乗ってくればいいんじゃないかな。


具体的な案がいまひとつのまま、バトンを胡桃様にパスします。
胡桃様も全国行脚の猛者ですし、名古屋は近場(私よりはね!)なので、きっと
素敵なアイデアをくださるはず!!期待しております。


では、皆様、722かもしくはご飯の企画☆でお会いしましょう!!



あ。
杉本善徳1stシングル「極彩色の狂詩曲」も絶賛発売中!
9月には2ndシングルも発売大決定!


広めまSHOW!!



杏でした。



TBは、EMIさま成功の後にしておきまーす(汗
2006.06.10 Saturday 22:22 | 東海地方うまい物 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

2007.01.05 Friday 22:22 | - | - | - |









http://1126-show.jugem.jp/trackback/128

このページの先頭へ