ブログ界の頂点に立とうと目論む男、杉本善徳 (http://www.ys1126.com/) の
「広めよ!!」という命により、7人の刺客がこの地に降り立った。
時に激しく、時に切なく、広めてゆく我らの名は

日替わり戦隊広めるんジャー。
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.01.05 Friday | - | - | - |
お腹いっぱい、胸いっぱい。
今日の担当者 EMI  

こんばんはー。
金曜担当のオレンジャーEMIです。

日々、冬の色が濃くなりますね。
季節の変わり目ですが体調を崩していませんか?
こんな時期は、しっかり食べてしっかり睡眠をとりまSHOW!

というわけで(?)、今回のテーマは「これがあればご飯3杯はいける!」です。

私も魚卵好きなので明太子かたらこのわさび漬けが好きです。
ピリリと辛いモノを食べてから熱々ご飯を食べると口の中がヒリヒリ、じわーっとしますよね。
それが最高です(*´∀`)v
善徳さんみたいに痛さが快感ではないので、「ちょー気持ちいー」とは言いませんが。。。


これを観ればご飯3杯はいける!生きていける!と思うのが
「10th ANNIVERSARY TOUR 2005 a piece of blue sky 〜遥かなる宝島〜」
のDVDです。
約2億のステージって事で話題になりましたが、残念ながら生で見ることはできませんでした。
だってLAST GIGS.真っ最中だったんだもん。。。
コチラでその中から1曲を見ることが出来ます。
以下、そのサイトの解説より引用。

2005年、デビュー10周年のアニバーサリー・イヤーを締め括るツアーとして、「a piece of blue sky 〜遥かなる宝島〜」が企画された。東京厚生年金会館6日間(2005年11/19, 20, 22, 23, 25, 26)、大阪厚生年金会館3日間(11/30, 12/2, 12/3)という定点で行われたこのツアーは、SOPHIAとしては初の試みであることを超越し、音楽業界をも震撼させる新たな挑戦だった。果たしてこの作品を言葉で表現出来る者などいるのだろうか? “バンドの実演”=“コンサート”としての“ライブ”というカテゴリーの固定観念を打ち破るステージ・パフォーマンスが展開された。「信じる力」をテーマに、一人の役者が演じ、まるでシーンに存在するかのように、ナレーションが語りかける。登場人物である教祖と信者がその“想い”をメールでやりとりするというストーリーから進行していく。抽象的な心象風景やSOPHIAの歌詞の断片が映像で表現され、ストーリーの一部でもある楽曲をSOPHIAが演奏する。そこへ、ストリングス(クラスタシア・ストリングス)とホーン・セクション(ザ・スリル)が加わり、シーンにさらなる表情をつけていく。SOPHIAの楽曲はあくまでもストーリーの一部であるというコンセプトではあったものの、今回のステージのためだけにアコースティックアレンジされた楽曲を演奏するなど、SOPHIAの音楽が演出の重要な部分を担って、ストーリーへの感情移入の度合いを深めていく。“演劇?”“ミュージカル?”なんと表現したらよいのだろうか?少なくとも、ただの“ライブ”ではない前代未聞の本公演は、オーディエンスを驚愕させ、この上ない感動の渦に巻き込んだ。

この作品の企画が立ち上がった直後、松岡自身がシノプシス(脚本)を書き上げた。それはまるで、ひとつの短編小説のような仕上がりだった。これを、SOPHIAのMUSIC VIDEOの数々をともに創り上げて来た映像作家・川村ケンスケ氏に託し、本作品のプロトタイプが出来上がって行った。川村氏との厚い信頼関係の元、作品はさらなる彩りを増して行く。
また、東京・大阪の厚生年金会館に、東京ドームクラスのステージセットを組むという舞台構成も前代未聞のものであった。ステージには縦10m以上横20m以上という巨大サイズのLEDを設置され、ビジョン、スクリーンという3層の映像を駆使しながら、ステージ床が自由自在に動くという、これまでに無かった空間がスタッフ総勢200人、制作総額2億円をかけて創り上げられた。

SOPHIAがこの10年間で数々の楽曲やライブパフォーパンスを通してオーディエンスに伝えて来た“想い”がステージに凝縮。バンド10年という歴史の集大成と言える、“ライブ”が実現したのである。



そして来年のGWには再演が決定しているので、気になった方は来てみてはいかがですか?
注:このサイトのスケジュールは今年のツアーのものです。
詳しくはコチラでスケジュールをチェックしてみてくださいね。


10周年といえば、12日はkreisレーベルの10周年イベントを見てきました。
善徳さんは最後にセッションバンドで参加していましたが、ギタリストとして見るのは久々だったのと会場がAXという事もあり感慨深かったです。

そして今月末は
今年は俺と、いい肉の日「The Land of promise 2006」
ですよー!
こちらもご飯3杯はいけるかと思います。
10杯はどうかなぁ。。。?
これを逃すとワンマンは来年の2月までお預けですよー。
某対バンは「手加減しないでぶっ潰す」と仰ってましたが。笑


それでは、また来週ー。
2006.11.17 Friday 22:29 | ご飯3杯 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
今日の担当者 スポンサードリンク  

2007.01.05 Friday 22:29 | - | - | - |









http://1126-show.jugem.jp/trackback/291

このページの先頭へ